作成者別アーカイブ: SMVgfG3hL3N4jzAN

大学で異性との出会いがないときの対処法

大学は、学部や専攻によって、異性がほとんどいないことも珍しくありません。世の中に男子大はありませんが、女子大は私立の大学や短期大学を中心にまだ多数あります。こうしたそもそも異性が存在しない大学では、出会いを他に求めるしかありません。ここでは、入学した大学や学部学科に異性が全くいないかもしくはほとんどいない場合にどうしたらいいか、その対処法を考えてみたいと思います。

[合コンサークルに入る]
例えば、男子が全くいない女子大と、女子がほとんどいない理系大学などが共同で、何らかのサークルを作っていたりします。名目上は、テニスやボランティアを主活動にしていますが、実質は合コン目的といっていい出会いのためのサークルは、どこの大学にもあります。まず、そういうサークルを見つけて、入会することです。ただ、そういうサークルは、大学から公認されていないケースも多いので、口コミなどを頼りに探すことになるかもしれませんが、入ればかなりの確率で異性と出会うことが出来ます。

[他大生の多いサークルに入る]
合コンサークルでは、合目的的過ぎてあからさまであるため、入るのに抵抗を感じることもあると思います。そうした人にお勧めなのが、複数の大学からも参加者のいるサークルです。そうしたサークルは、合コンサークルとは異なり、活動に他大生を呼び込めるだけの内容を持っていますので、大学からも公認されていて、新人勧誘などにも積極的です。こうしたサークルでは、それなりのスキルが求められる反面、趣味の合う他大の異性を見つやすいメリットがあります。

[異性の多い職場でアルバイトをする]
サークルと並んで知り合う機会の多い場所に、バイト先があります。共同作業が伴う、異性の多いバイト先を探せば、バイト料を稼ぎながら異性とも出会えて一石二鳥です。ただ、そうした情報は求人誌には書かれていませんので、卒業する先輩などに後釜として紹介してもらったり、すでにバイトをしている友人などに紹介してもらうといいのではないでしょうか。